87b35676b00cf9384b2792cf955803c4_s

松阪牛を一度は食べてみたいという方には是非とも松阪牛こだわりの部位を食べてもらいたいと思います。

ステーキ、焼き肉、しゃぶしゃぶなど色々な楽しみ方がありますが、それもやはり部位によって適したものがあります。

ここでは牛肉の部位をご説明しながら、松阪牛におけるオススメの食べ方をご紹介していきます。

是非こちらを参考に松阪牛を堪能してみてください。

■牛肉の王様サーロイン

サーロインは牛の背中から腰にかけてのお肉です。

霜降りの脂身が存分に楽しめる部位であり、どんな調理法でも美味しくいただけます。

旨味と甘味が広がる脂肪が特徴のひとつでもありますが、脂肪が多いということはしっかりと加熱する必要があるということです。

また、サーロインはブロックやステーキ肉として成型されていることが多く見られます。

これらの特徴を活かすにはやはりステーキにして食べるのがベストといえるでしょう。

上質な脂身としっかりとした肉質を堪能できる部位ですから、その満足度も高いものになります。

■脂身が特徴のリブロース

肩から背中、あばらに向かって広がる部位がリブロースです。

サーロインよりも脂身が多く、松阪牛の中でも特に霜降り部分にこだわっているお肉といえます。

厚みがあるものを選ぶのであればステーキ、薄切りのものであれば焼き肉として楽しむのがベター。

ちなみに焼き肉として楽しむ際に気を付けたい点は「ダイレクトの炭火焼では焼かないこと」です。

せっかくの松阪牛の芳醇な香りに対して、炭の匂いはかなり邪魔ものとなってしまいます。

特にダイレクトで網の上において焼くと肉の脂が落ちて、なおさら焦げ臭くなってしまいますのでご注意ください。

出来れば波型になっているホットプレートがあれば無難ですね。

■最上級の肉質を堪能できるヒレ

ヒレ肉はサーロインより内側にある脂身と赤身のバランスが絶妙な部位を指します。

シャトーブリアンと呼ばれる牛肉において最高級部位とされるところもヒレ肉の一部です。

こちらは新鮮なお肉を取り扱っているところであれば、そのまま薄く削いで牛肉の握りとして楽しんでもらいたい部分ですね。

肉本来の旨味を味わうことによって、松阪牛の真髄を知ることが出来るかと思います。

■ランプ、ミスジ、モモ

上記3つはかなり高級品となりますが、こちらのお尻から太ももにかけての部位にあたるランプ・モモなどは比較的安価に焼き肉屋さんで提供されています。

また、ミスジは肩から肩甲骨にかけての部位となっていてあまり動かさないことからその肉質が非常に柔らかいことで人気です。

こちらも焼き肉屋さんで提供されていることが多いですが、なるべく炭火の煙を吸わないように気をつけて焼いてみてください。

やはりこちらも松阪牛特有の香りを大事にしてもらいたいと思います。