meat-1030729_640

松阪牛などを調べていくと、さらに牛肉について詳しく知りたくなってくるはずです。

よく耳にする「A5」「A4」というランクはどういったものを表しているのか?また雌牛と雄牛ではどういった違いがあるのか?など疑問はたくさんありますよね。

ここではそんな牛肉についての疑問を分かりやすく説明していきたいと思います。

ぜひこちらを参考に知識を増やしていってください。

■牛肉のランクは全部で5段階

最初に覚えておいてもらいたいのは、牛肉の等級は「5段階」に分けられるということです。

よく見るランク付けではアルファベットと数字が組み合わさっているものを目にすると思います。

牛肉においては、アルファベット「A~C」数字「1~5」でそのランクを表しています。

ちなみにアルファベットはAが一番優れており、数字は5が最も等級が上になります。

まず、アルファベットですが牛の「枝肉の歩留まり」を表示しています。

これは何かというと「一頭あたりどれだけ多くの食肉が取れるのか」という部分を指標とし3段階で評価しています。

次に数字ですが、これは牛の肉質等級といい「霜降りの度合い、肉のしまり、肉の色と光沢」などを評価したものとなります。

これらを組み合わせると、牛一頭からより多くの食肉部分が取れ、尚且つ脂身の状態が最高の評価を受けたものがA5ランクと表記されます。

食用牛としての価値を考えると、やはり売り上げという視点では多くの食用部分がある方が評価も高くなるわけです。

肉質については当たり前ですが、高品質のものが販売価格も高くなりますから評価もアップします。

ちなみにこれを見ると分かるとおり、肉の質だけを考えるならば「C5」でも充分に最高品質のものとなりますので購入するにはオススメです

■雄牛と雌牛ではどちらが美味しいとかあるの?

こちらのテーマに関しましては、非常に意見が分かれているところであり答えは出ていません。

たとえば松阪牛では雌牛しか選ばれていませんが、世界的にも有名となった神戸ビーフは雄牛も選ばれています。

どちらも子供を産んでいない、去勢済みであるという条件は付きますがその美味しさというのは生産者と消費者の判断によるものとなっています。

ただ、広い視野で見てみると雌牛で未経産のものが一番美味しいという意見が多いのも事実です。

■お肉の栄養素

お肉を美味しく感じるのは不飽和脂肪酸という成分が影響しています。

こちらは上質なものであれば15度程度の温度で溶けますので、とろりとした食感を生み出します。

また、一番の特徴は鉄分を多く含んでいるというところです。

豚肉や鶏肉に比べてもその量は3~4倍と豊富な数値を示していますので、貧血気味の方には牛肉がオススメとなっています。