d56f66dafd3281cbb3ef0497b294a79f_s
松阪牛や神戸ビーフなどは毎日食べられるようなものではありませんが、それでも牛肉を食べるのであればちょっとでも美味しいお肉を選びたいものです。

ここではスーパーなどでお肉を選ぶ際のコツを伝授。

これを参考に牛肉の目利きの達人を目指してみてください。

もちろん難しいことは一切ありません。

今日からでも実践できる方法ですから、ぜひお試しあれ!

■新鮮なお肉を見分けるコツを伝授

肉の色は淡い赤を選ぶ

牛肉は時間が経過するごとに赤みが強くなります。

そのため淡い赤色のものを選ぶのがいいとされています。

真っ赤でツヤツヤしているから美味しそう、という意見が聞こえてきそうですがそれは間違いです。

馬肉などは赤みが強いものが良しとされていますが、牛肉の場合は違いますのでご注意ください。

スーパーであればパックされている商品を傾けてみる

パックに入った牛肉であれば少し傾けてみてください。

そのとき、赤い血のようなものが流れているものがありますがそちらはNGです。

ドリップといって血液を中心とした牛肉の水分が流れ出ているものですから、旨味が抜けてしまっています。

温度管理によるものでもありますが、適切な状態で保存されているものではないということですから選ばない方がいいでしょう。

淡い赤色でドリップが出ていないものが美味しい牛肉です。

脂身はとにかく白いものを選ぶ

脂身も時間の経過と共にくすんだ色になっていきます。

真っ白に近い脂身のものを選ぶのが美味しさの秘訣です。

全体的の瑞々しいもの

ドリップが出ていないもので艶があるものが牛肉の状態としてはベスト。

そうしたものがバランスよく旨味を閉じ込めた牛肉とされますので間違いない選び方といえます。

■牛肉のベストな保存方法とは

牛肉は生ものですから買ってきたらすぐに食べるのがもちろんベスト。

しかし、場合によっては少し保存しておかなければいけないこともあります。

その際にはお肉をラップで包んで、密閉性の高い保存パックに入れて冷蔵庫で保存します。

こうすることで、牛肉自体が乾燥してしまうのを防ぎます。

ドリップが出るのを抑える効果もありますので、ぜひ保存の際にはこの方法を試してください。

また、冷凍のお肉を解凍する際には冷蔵庫に入れて半日から1日かけてじっくりと解凍しましょう。

ゆっくりとお肉を戻すことによってドリップが出ることを最小限に抑えます。

急ぎで電子レンジなどを使うと繊維が壊されて大量のドリップと共に旨味が逃げてしまいますので厳禁です。