beef-2027065_640
松阪牛は他の食用の牛と比べてやや小柄ですので、そうなると丹精込めて育て上げても販売できる肉の量が通常よりも少なくなります。

そういった希少価値も含めて松阪牛は高級品とされています。

ちなみに松阪牛は一頭丸ごとで買い取ろうとすると1千万円以上するのが当たり前。

品評会で最高の賞を受賞するような松阪牛ですと2,000万円から3,000万円といった値段がつきます。

実際に2016年に優秀賞を受賞した特産松阪牛の値段は2,580万円となっています。

かなり高額ですよね。

そうしたことから、松阪牛は全ての部位を丸ごと使い切るという努力をしています。

■松阪牛は13の部位に分けられる

日本人が肉食文化を取り入れたのはおよそ明治初期からです。

その歴史は欧米諸国に及びませんが、日本人特有の丁寧な手作業によって牛の解体作業もずいぶんと進歩してきました。

今では世界でも類を見ないほどの上質な食用牛を育てていますが、その利用方法も無駄がないものとなっています。

松阪牛は食用部位として13もの部分に分けられて出荷・販売されています。

一頭の体重はだいたい600キロから700キロとなりますが、なるべく廃棄する部分がないように知恵が絞られています。

■松阪牛はホルモンも絶品

そういった取り組みの中では肉だけでなく、内臓もしっかりと食用として販売されています。

上質な松阪牛の内臓はそれ自体も大変美味しくなっていますので、取り扱い業者にも人気で消費者にとっても絶品のグルメとして提供されています。

ちなみに内臓とはいわゆるホルモンですね。

モツとも表記されることがありますが、どれも同じものを指します。

■牛革製品などに加工もされている

もともと脂身が多いところが特徴のひとつである松阪牛。

そうなると皮膚の部分にまで脂が多く、今までは牛革製品には向かないとされていました。

しかし、現在はジャパンクオリティーとも評される匠の技術で丁寧に加工することで松阪牛の牛革製品製造を可能にしました。

どの商品も品質が良く、また全てに個体識別番号が付与されていてその信頼性も高いものとなっています。

小銭入れや長財布、名刺入れなど革製品は高いというイメージがありますが、リーズナブルなお値段の革製品も揃っているようです。

お肉は食べてしまうとすぐなくなってしまいますが、こちらなら長い時間松阪牛を楽しむことができますよね。

名刺入れなど、ビジネスシーンにおいても話題作りの一環になるかと思います。

87b35676b00cf9384b2792cf955803c4_s

松阪牛を一度は食べてみたいという方には是非とも松阪牛こだわりの部位を食べてもらいたいと思います。

ステーキ、焼き肉、しゃぶしゃぶなど色々な楽しみ方がありますが、それもやはり部位によって適したものがあります。

ここでは牛肉の部位をご説明しながら、松阪牛におけるオススメの食べ方をご紹介していきます。

是非こちらを参考に松阪牛を堪能してみてください。

■牛肉の王様サーロイン

サーロインは牛の背中から腰にかけてのお肉です。

霜降りの脂身が存分に楽しめる部位であり、どんな調理法でも美味しくいただけます。

旨味と甘味が広がる脂肪が特徴のひとつでもありますが、脂肪が多いということはしっかりと加熱する必要があるということです。

また、サーロインはブロックやステーキ肉として成型されていることが多く見られます。

これらの特徴を活かすにはやはりステーキにして食べるのがベストといえるでしょう。

上質な脂身としっかりとした肉質を堪能できる部位ですから、その満足度も高いものになります。

■脂身が特徴のリブロース

肩から背中、あばらに向かって広がる部位がリブロースです。

サーロインよりも脂身が多く、松阪牛の中でも特に霜降り部分にこだわっているお肉といえます。

厚みがあるものを選ぶのであればステーキ、薄切りのものであれば焼き肉として楽しむのがベター。

ちなみに焼き肉として楽しむ際に気を付けたい点は「ダイレクトの炭火焼では焼かないこと」です。

せっかくの松阪牛の芳醇な香りに対して、炭の匂いはかなり邪魔ものとなってしまいます。

特にダイレクトで網の上において焼くと肉の脂が落ちて、なおさら焦げ臭くなってしまいますのでご注意ください。

出来れば波型になっているホットプレートがあれば無難ですね。

■最上級の肉質を堪能できるヒレ

ヒレ肉はサーロインより内側にある脂身と赤身のバランスが絶妙な部位を指します。

シャトーブリアンと呼ばれる牛肉において最高級部位とされるところもヒレ肉の一部です。

こちらは新鮮なお肉を取り扱っているところであれば、そのまま薄く削いで牛肉の握りとして楽しんでもらいたい部分ですね。

肉本来の旨味を味わうことによって、松阪牛の真髄を知ることが出来るかと思います。

■ランプ、ミスジ、モモ

上記3つはかなり高級品となりますが、こちらのお尻から太ももにかけての部位にあたるランプ・モモなどは比較的安価に焼き肉屋さんで提供されています。

また、ミスジは肩から肩甲骨にかけての部位となっていてあまり動かさないことからその肉質が非常に柔らかいことで人気です。

こちらも焼き肉屋さんで提供されていることが多いですが、なるべく炭火の煙を吸わないように気をつけて焼いてみてください。

やはりこちらも松阪牛特有の香りを大事にしてもらいたいと思います。

be43d0e44b8aeaf982c00f5940acbef8_s

松阪牛というとかなりの高級食材で一年に一度、いや一生に一度食べるかどうかという考えの人もいるかと思います。

実際にしっかりとしたボリュームのステーキを食べようものなら、場所によっては家賃くらいかかるところもありますから。

しかしそれほど高くてもやはり人生において食の喜びというのは非常に大事なものです。

是非とも一度は松阪牛を食べてもらいたい!ということで、ここではそんな松阪牛の値段についてご紹介していきたいと思います。

記念日やお祝い、自分へのご褒美などに一度は松阪牛を堪能してみてください。

■100gいくら?一人前何g必要?

まず始めにあなたが気になるのは「松阪牛は100g,いくらくらいなのか?」というところだと思います。

それにつきましては部位によっても色々な値段になりますので一概には言えませんが、せっかく松阪牛を食べるのならやはりステーキをチョイスしたくありませんか?

ステーキであればやはりサーロインでしょうか。

すべての松阪牛がA5のみの取り扱いのお店を参考に調べましたら100gあたり7,000

円~とさすがのお値段でした。

だいたい男性1人前のステーキであれば150g~200g位食べられますよね。

1枚のステーキ肉と考えるとかなり高額になってしまいます。

なかなか踏ん切りがつかないかと思いますが、そうした方にはランチメニューで松阪牛を提供しているお店もありますので一度ランチで松阪牛を堪能されてみてはいかがでしょうか?。

ランチだと比較的リーズナブルに色々な部位が楽しめてお得かと思います。

■切り落としでも十分美味しい

ランチメニューだとしてもかなり高価でちょっと手が届かない…

たしかにその気持ちは分かります。

しかし、『切り落とし』これならどうでしょう?

松阪牛の色々な部位の切り落としですので、肉質自体は変わりません。

500gというとだいたい3人前ですので、友人とシェアしてみると1人前3,000円ほどです。

しかも1人前150g以上ありますので、しっかりと堪能することが可能となっています。

これなら自宅で友人と松阪牛パーティーという名目で楽しめるのではないでしょうか。

ちなみに切り落としだと希少部位付近の肉も含まれている可能性がありますから、少しお得な気分にもなれますね。

meat-361270_640

松阪牛は牛肉の世界においてトップブランドのひとつです。

海外からの評価も高く、わざわざ松阪牛を食べに日本に訪れる海外旅行者もいるほどとなっています。

しかし、そんな日本が世界に誇るべき松阪牛について私たちはどれだけ知っているでしょうか?

ここではもっと松阪牛のことについて詳しく知りたいという方のために、松阪牛の魅力はいったいどこにあるのかを徹底解説していきます。

本来どういった呼称が正しい読み方なのか?美味しいといわれる由縁はどこに根拠があるのか?

そんなテーマについて見ていきたと思いますので、ぜひ参考にしてみてください。

■『松阪牛』正しい呼び方は?

松阪牛と表記されたものをあなたはどのように呼んでいますか?

正解から言いますと「まつさかうし」もしくは「まつさかぎゅう」が正しい表記であり、呼び方となっています。

たぶん、日本人の7割方は「まつざかうし」もしくは「まつざかぎゅう」と呼んでいるのではないでしょうか。

また、たまに「松坂牛」という「坂」の字が間違っているというパターンもありますね。

日本人としては正しい呼び方、読み方を心がけましょう。

■松阪牛の美味しさ

松阪牛を牛肉のトップブランドへと成長させた要因はその肉質とキメ細やかな上質な脂身です。

いわゆる霜降り牛肉という言葉を生み出したのが松阪牛です。

その脂身の味わいは他に類を見ません。

牛肉の脂は不飽和脂肪酸という成分として見ることが出来ますが、松阪牛は徹底した飼育管理によってこの不飽和脂肪酸が非常に豊富となっています。

他の牛肉よりもキメ細やかな不飽和脂肪酸は融点が低いため、口に入れた瞬間にとろけるような食感を実現させます。

また、厳選された飼料によって作り出される松阪牛の肉は全体的に芳醇な香りが特徴です。

和牛香とも呼ばれるその香りによって、人々は「美味しそう」という認識をすることになるわけです。

味わう前にすでに脳に「美味しいイメージ」を届ける松阪牛は、やはり牛肉の中でも最高級品と言わざるを得ませんね。

■伊勢志摩サミットでは松阪牛が食べられた

2016年に伊勢志摩で行われた各国首脳会議G7ですが、この日本をアピールする場面でも松阪牛は大変な活躍を見せました。

各国の首相が列席するディナーには、国内から選び抜かれた食材がずらりと勢ぞろい。

そのときにメイン料理として登場したのが「松阪牛」です。

日本は先進各国よりも肉食文化に辿りつくまでが遅かったわけですが、現在においてはどの国の首相も絶賛するほどの味わいを松阪牛によって実現することに成功いたしました。

これは本当にすごいことであり、松阪地方における飼育業者たちにとっても最高の栄誉とされています。

・松阪牛は海外にドンドンアピールされています!参考記事>>https://www.iza.ne.jp/kiji/world/news/160419/wor16041909400015-n1.html